日常ブログ。同時に陸上ブログでもある。

泣いた話

今日は、久しぶりに陸上から全然遠い話です。
移行期で時間があるので見たいと思いつつも貯めていたアニメを一気に見て、その中で一つとても感慨深いアニメがあったので紹介したいと思います。


日常系のアニメを色々調べて、面白そうなものをピックアップ(きんモザ、ゆるゆり、ごちうさ、のんのん..etc)し、その中でも特に‥というかある意味衝撃的なアニメだったのが『がっこうぐらし!』です。


何故これが日常のピックアップにあったのかは見終わってみると謎ですが、OPや1話目の最初は完全に日常もので(PV詐欺というかなんというか)1話目以降はOPから完全に別物になっていました。(公式ホームページまで)

まだ観てない方にこの時点で勧めていいのものか分かりませんが、僕自身はとても楽しめました。1話目で駄目そうなら以降のオススメはしませんが‥。
もし、興味があれば是非アニメの方を観てみて下さい!

↓↓ネタバレを含みます↓↓





ざっくりストーリーの説明すると、、、
ある日突然ゾンビ化した人々、彼らに噛まれるとゾンビ化してしまう。その中でも外部と接触を断たれている学校内の一部にて避難生活を送る、顧問と生き残った四人の生徒〔学園生活部〕を主体とした日常物話。



がっこうぐらし!は日常ものを求めていた僕には衝撃的でしたね。
最初にこれを観ていたのならまだしも、ゆるゆりやごちうさを観た後にこれ見たらダメでしょ?なんで同じ日常系にピックアップしちゃったの?

1話目の最初の方は、楽しい気持ちで観てました(伏線とか色々あったけど、そもそも日常モノと思ってたから何一つ気づかなかった。それはもうバリケードすら気づかなかった←行き止まりって言うからコンクリの壁だと認識してた。)がBパートの後半で一気にホラー展開に。。。
この時は、やめておけば良かったと切に思った

しかしながら最後まで観たのは、それだけ惹きつける力のあるアニメだったからだと思います。


僕の中でがっこうぐらしで一番衝撃だったのは、やはりめぐねえです。
最終話まで観終わった後に、いたる所に隠された伏線を知り、結果的に二周する事になりました(笑)

めぐねえの時計の五時五分が5→S、05分→SOSを表していたり、ゆきの居ない時のめぐねえの存在やゾンビ化する順番の暗示など、二周目はある意味一周目とは違う観点から観れてとても面白かったです。


そして、めぐねえの優しさには感動しました。
ゆき達を命懸けで逃したり、ゾンビ化してなお彼女らを思い地下にひっそり隠れて居た事など、めぐねえの人間性には涙ぐみました。
最終的にみーくんの手によって終わりを迎えましたが、僕的には予期して居たのなら自力で薬を使って帰ってきてほしかったです。それともその薬一つも生徒の為に‥と思うと、どこまでもめぐねえなんだな‥と思います。


最終話は感動とは程遠いバッドエンドかもしれないですが、太郎丸の死や卒業式は涙が出ました。
涙とは程遠い僕が涙ぐんだのは、このアニメは本当にそれだけ温かみや感慨深さがあるアニメなんだと思います。
(泣きそうな時ってこんな感覚だったなぁと思った。)

因みに最終話だけは二周目観れてないです。(多分涙腺崩壊する。)


そういえば、これは二周目以降に知ったことですが、一周目の時からゆきの制服だけ色が違うのが気になって色々調べてみたところ、周りとゆきの見ている景色の違いを色の反転で表していたみたいですね。


本来は緑色の制服。
色の階調を反転させるとこうなるそうです。(こんなんよく気づいたな‥!)


他にも様々な説や上記のような伏線や秘密など本当に色々あって、観れば観るほどに楽しめる作品ではないかなと思います。


それでは僕は三周目に行ってきます!
では!




スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

あきちゃんの一歩

Author:あきちゃんの一歩
目標 オリンピック、世界へ

座右の銘『一日三歩』


好きな場所→静かな場所
『確実な一歩を』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR