日常ブログ。同時に陸上ブログでもある。

大会結果

東日本実業団結果


今回は秋田まで行って参りました!!
大会外については次の記事で


今回は個人では100m・200m
チームでは4継・マイルに出場しました

1日目
4継予選 チーム数のため繰り上げの一発決勝
その後100m予選 11.16 (-1.7) 100分の1秒足りず予選敗退
その後4継決勝 42.74 3位入賞

二日目
200m予選 22,46 (-1.0) B決勝進出
200mB決勝 22.25 (0.1) 4位
マイル決勝 3"23'97 4位


まずは一日目から
4継の予選は本来はあったのですが欠場チームが出たため、出場数の関係上中止され一発決勝になりました
一昨年も同じ事態があったそうですが、僕個人はリレーや個人を含めても初めての経験なので、ある意味で記憶に残ります
サブトラでアップをしているところ、役員の方が来て予選がなくなったことを叫んでおり、ある程度アップも進んでいたので「いやもっと早く知らせろよ!笑」とところどころで言っていました
今思うと100mの前に一次アップができた。と割り切っていたので痛手はありませんでした、というかそこまでアップしていなかったので(笑)


その後小一時間程挟み、100mのアップへ
去年と違い今年はGGPと日程が被り、有力選手を欠く中での試合でした

まぁおかげさまで例年にない進出幅の広さでした
レースの内容でしたが、スタートでつまずき完全に失速してしまい全体的に見ても3割くらいしか力を出せませんでした
というか出しませんでした。

動画で見せたいくらいのつまずきでした。イメージで言うと、北京世界陸上のボルトみたいな感じです
もともと試合前からハムストリングに不安があったのでつまずいた瞬間に流そうかな、やめようかな…と力を抜いて、でもチームのユニフォーム着る以上それはできないと思いまた走ってみたいな感じで、ゴール前は「もうヤダ…泣」といった感じで流してゴールしました
結果100分の1秒足りず準決勝を逃すという…
めちゃくちゃもったいなかったです、
最終組の前まではタイムで拾われていたのですが、最終組で抜かれて敗退が決まり、流したことを本当に後悔しました
ただ個人としては、本当に力を出さずに風もそこそこ向かっていた中でこれくらいのタイムで走れたことは収穫でした
そう言った意味では本当に久しぶりに納得のいくレースができました。



そしてその後4継の決勝
見事に3位入賞ということで本当によかったです
この時すでにハムに痛みを感じる中でのレースでしたが、根性で乗り切りました


案の定ハムを完全に痛めました←(いつもの事


二日目
200m予選はハムに爆弾を抱えた状態でしたが、大会前からB決勝は狙っていたので肉離れをしてでも走るつもりでした
結果なんとか走り切ることができ、B決勝にも引っかかることが出来ました!
有力選手がGGPに参加しており幅が広かったことが大きかったですが、これは試合前からずっと狙っていたので本当に嬉しくてホッとしました!
本当は21秒台を狙っていたのでそれに関してだけは残念でした、後半の失速が大きかったです。びっくりするくらい足が動かなかったです。
B決勝は流すつもりでした。チームキャンプに戻り、テーピングを張ってもらい何とか動かせる程度にまでは動かせたので、決勝をなんとか走ることが出来ました
その中でも自己ベストを出すことが出来たのは、本当に収穫になりました
怪我は本当に痛かったですが、身体の調子は前日から走っていたにも関わらず今までになく調子が良かったので、これは自信と経験につながりました

一日目の後のアフターケアがよかったです
これについても次の記事で


そして迎えた最後のマイルです
これ以上ハムをいじめたら本当に肉離れするんじゃないか、。と思うくらいに痛めていましたが、チームのため、何よりも自分のために何が何でも走りたかったです
これについてはチームのこと以上に、自分のために走ることを決意していました
200mのB決勝も流すつもりでマイルに備えていたくらい思い入れのある種目でした

去年の東日本でもマイルを走っていて、その時の動画を見ると今でも黒歴史レベルに恥ずかしい走りをしていて、どうしてもそのリベンジがしたかったのです
その時は4走でアンカーを走ったのですが、前とは40~50mほど離れていて、本気で走れば抜かすことは難しくても追いつき勝負することをせず、バトンをもらってから例の疲れたくない病のせいで積極的に行けず、ずっと悔いの残る試合になっていました。


それから来年この大会で走る時は絶対に前半から積極的に行こうと決めていました

それで今回マイルで昨年と同じく4走を走らせていただき、チームとしては4位に終わりましたが、僕個人は前半から積極的に走ることが出来たと思います
ラップタイムは悪かったですが、前半から積極的にいくという昨年からのリベンジを少しは果たせたのではないかなと思います
まぁバックストレートあたりで体が少し浮いて、300mへの入りや後半の失速、ラストの流そうかな…病など諸々と悔いの残る走りになり、また来年この悔しさを晴らしたいと思います
ただ前半を積極的に入る、という強い意志で臨むことが出来たのは僕の中で本当に成長したと感じます

今までの疲れたくない病で前半流して後半追い込む僕のレース展開から見ると、もしかしたら本当に数年ぶりのレース展開だったように思います。後半の失速は練習不足からなので仕方がないですが、いや仕方なくはないですが、今までの悪いイメージ、トラウマを克服できたように、このブログを書きながら今感じています

当面の課題は後半の失速
200mでもそうですが、後半のロスが非常にもったいないと感じます
100mの練習をしてきたのでスピードは間違いなくついてきましたが、後半でそのスピードを維持するのが今後の課題になってきそうです。スピード練習にプラスしてスピード維持の練習も取り入れていきたいと思います

後はハムの怪我予防 ( 間違いなく癖になってる )


と話がそれましたが、マイルは今回の4位ということで前回同様3位に大きく離されてのゴールになりましたが、僕にもっと走力があれば追いつき勝負することができたかもしれません
今後の400mへの展開は未定ですがスピード維持の練習では400mも視野に入れつつ、スピードを殺さないようなメニューを考えていきたいと思います



今回GGPの影響は大きかったですが、僕個人としてはなかなかに満足のいく試合になりました
個人でもリレーでも昨年のリベンジをすることができ、結果以上に内容に満足のいくものになりました

昨年同様おそらく最年少参加の中で、こうした実業団の方々や日本を代表する選手達にこの年で揉まれるのは誰にもできない経験で、僕の陸上人生にとってもこれ以上にない体験です。
この年だからこそ感じられる感覚や雰囲気、トッププロの選手を肌で感じることが出来る。キャリアを重ねた選手独特のオーラや威圧感、そしてそれらに最年少だからこそ失敗を恐れずに果敢に勝負できる若さや強み、そして経験。これらすべてが僕だけの何よりの経験です
そしてこうした機会を与えて頂けるチームへの感謝は返しきれないほどです。
チームやコーチへは結果でもそれ以外でも返していきたいです。そして何よりももっと速くなりたいです。


まだまだ書き足りませんが、大会結果報告ということで今回はここまでとします
競技外については次の記事で語り尽くします!



お疲れ様でした!
皆さま本当にありがとうございました!

では!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

あきちゃんの一歩

Author:あきちゃんの一歩
目標 オリンピック、世界へ

座右の銘『一日三歩』


好きな場所→静かな場所
『確実な一歩を』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR