日常ブログ。同時に陸上ブログでもある。

日本陸上が世界レベルへ

世界陸上の感想は諸々書きたいことはありましたが、正直書き始めるとキリがないのでこの気持ちは心に留めて置こうと思います。



さて、本題へ
つい先日の9月9日、桐生祥秀が日本人初の公認9秒台を出しましたね。

日本インカレの100m決勝
結果を知ったのはTwitterの急上昇タグでした。YouTubeに予選、準決勝の動画は出ていて、インカレをやっているという事は知っていましたが、世界陸上の余韻が残る中そもそも100mや9秒台なんて頭にこれっぽっちもありませんでした。

そもそもインカレ自体にあまり意識がありませんでした。


普段と何も変わらずPCを立ち上げ、Twitterを開くと左側に「日本人初」や「9秒台」のタグがあり、びっくりしてタグを検索してみるとインカレの決勝で桐生祥秀が9秒98で日本人初の9秒台を出したことを知りました


正直驚きもありましたが、第一の感想というか印象は『あぁ~やっぱりかぁ。』て感じでした。
高校生の時に10秒01を出してから4年間、条件さえ揃えば…!という試合を何度も見てきたので、知った時はやっと出たか、というよりはやっぱりかぁ~という感想でした。

正直誰が最初に出してもおかしく無かったですが、四年前の高校生が日本陸上に風を起こし、その彼が日本人の超えられなかった壁をぶち抜いてくれたのは素直に嬉しかったです。

個人的には山縣選手を応援していたはずだったのですが、いざ桐生選手が破ったと知った時は、彼が日本人初の選手で良かった。と思えました。


それはきっと9秒台の期待を誰よりも背負っていたからだと思います
やはり日本陸上界に9秒台の風を巻き起こし、陸上界を引っ張っていたのは桐生祥秀が筆頭でしたからね。

これがまたブレイクスルーになり、次々と9秒台の選手が出てくると思います



そしてそれは、日本陸上が世界レベルへ成長したということです
日本選手権で勝てば世界で戦える。アメリカやジャマイカに並ぶハイレベルな国内戦がこれから繰り広げられていくんだと思います。

現役でやっている身からすると複雑な心境ですが、確実に日本選手権のレベルも世界大会に匹敵するものになっていくと考えると、桐生選手はその第一歩を踏み出した第一人者になったんだと思います。


本当に凄いです。今後の日本陸上界がどうなっていくのか楽しみもあり不安もありですが、僕自身も自身の形や進み方、目標を見つけて頑張っていきたいと思います




PS、個人的に一番鳥肌がたったのは桐生選手が東洋大学として最後の100mのレースで、しかも9月9日に9秒台を出した事でしたwこれはまたなんとも運命的な(´ω`)

とにかくお疲れ様でした!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

あきちゃんの一歩

Author:あきちゃんの一歩
目標 オリンピック、世界へ

座右の銘『一日三歩』


好きな場所→静かな場所
『確実な一歩を』

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR